めまい小冊子

「めまい」受診におけるポイントは?

耳鼻咽喉科領域のめまい
「前庭神経炎(ぜんていしんけいえん)
解 説
 前庭神経炎の特徴は、耳鼻咽喉科領域の他のめまいに比べてめまいの持続時間が長いことです。通常、耳から起こるめまいは1日以内に収まることが多いのですが、前庭神経炎では数日間にわたって1日中回転性めまい、嘔気が持続します。ひどい回転が収まっても軽いめまい感が数ヵ月続き、なかなかすっきりと治りません。この際、聞こえの障害や耳鳴りはありません。原因としてウイルス感染が考えられていますが、実際はまだよくわかっていません。
 この病気を診断するためには、カロリックテストという耳に水を入れてめまいの様子を観察する検査が早期に必要です。正常な耳では、水を入れると軽いめまい感があるのですが、前庭神経炎ではめまい感はありません(半規管麻痺)。
 この病気の治療には、精神安定剤、抗めまい剤や吐き気止めが必要になります。

PAGE TOP