めまい小冊子

「めまい」受診におけるポイントは?

耳鼻咽喉科領域のめまい
良性発作性頭位めまい症(りょうせいほっさせいとういめまいしょう)
解 説
 良性発作性頭位めまい症は、耳から起こるめまいの中で、最も多い病気です。めまい患者さんの20~40%程度と言われています。
 この病気は前庭内にある耳石が外れて半規管の中に入り込んでコロコロと動き回るために起こる病気ですが、半規管から耳石が出てしまえば、めまいはピタッと収まります。その後はどこを調べても異常はありません。
 この病気を診断するためには、とにかく早期に耳鼻咽喉科で検査を行い、頭や体の位置を変化させることで、めまいが起こるかを確認していきます。
 この病気で陥りやすい間違いは、「安静にしていなくてはならない」と思いこんで、1日中寝ていることです。他の部分に病気がないときは、積極的に頭を動かした方がめまいは早く治ります。このとき多少めまい感や吐き気がありますが心配はありません。1~2分休んでから、また同じ動作をしてみてください。これを繰り返していくと、そのうちにめまいが起こりにくくなってくるのがわかります。
 最近では、理学療法(Lempert 法やEpley 法)が行われるようになってきています。頭を決まった方向に動かすことで、はがれた耳石を半規管から出そうとする方法です。

PAGE TOP